スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

できるだけF☆☆☆☆のものを選ぼう!

JUGEMテーマ:日記・一般

 家具と雑貨Bigmories 大森です。
F☆☆☆☆ って、知ってますか?
F☆☆☆☆(Fフォースター)とは、
シックハウス症候群の原因になると
言われているホルムアルデヒドの
発散等級で、一番ホルムアルデヒドが
少ないという目印になっています。
 建築基準法では、F☆☆☆☆と表示
されている建材や内装材だけが、
使用量が制限されません。
建築基準法においては、F☆☆☆以下のものは
使用量が制限されますが、家具には
そういう基準がありません。
つまり、ホルムアルデヒドは、家具では
使いたい放題…ということになっています(笑)
特に、買っていただきやすい価格帯のもので
F☆☆☆☆を探そうとすると、結構大変で、
買いやすいものは、化学物質が多く含まれて
いると思っていただいてもいいと思います。
我が家でアレルギーが蔓延したころも、
新店舗に移転して、新しい安い家具がたくさん
あった頃と重なります。
ならば、アレルギーの方には、ぜひ、F☆☆☆☆
の素材で作った家具を選んでいただきたいな…と
思っています。

MDFという素材を知っていますか?

 

家具と雑貨Bigmories 大森です。

今日は、家具の素材編です。

MDFという素材を知っていますか?

 

MDF(medium density fiberboard)は、

日本語で言うと、中密度繊維板。

 

木材チップを繊維状にして、接着剤を加え、

熱圧して製造した木質ボードです。

木材を有効に利用するために作られた

エコウッド♪

 

言い方を変えると、段ボールの親分。

 

MDF(中密度繊維板)

 

最近、このMDFを使われている家具が多くなりました。

 

加工しやすく、安価で、木材を有効に使える…

そういうメリットがある反面、

 

湿気に弱く、もろい。

湿気の多い場所では、湿気を吸ったまま

放出しないので、カビやすいんです

だから、気密性の高い部屋で、換気ができにくい、

湿気の多い場所では、かなりの確率で

 

カビ泣きます!!バイキンマン

例えば、脱衣所の整理たんす。
毎日寝るベッド。
露結しやすい部屋の家具。

 

新品の時はきれいなので、わかりませんが、

ずっと使ってると、身体にもよくないかもしれません。

 

それでも、MDFを使った家具はどんどん増えています。

MDFで作られたものは、寿命が短いです。
修理もできません。

 

寿命が短い=ゴミになるのが早い。

ゴミが増えると、地球環境にも良くないし、

巡り巡って、家計を圧迫します!

 

短期で使うもの以外は、できるだけMDFを使ってないものを使いたいですね!

家具を買う時には、素材を気にしてみてくださいね!おかお(幸せ)

 

 

ブログ再開します。〜ビッグモリーズの目指すところ〜

JUGEMテーマ:日記・一般

 こんにちは!家具と雑貨ビッグモリーズ 大森です。

こちらのブログを長く休んでおりました。
また、日常を少しづつアップできたら・・・と考えています。
ビッグモリーズが目指すのは、「まちの家具屋さん」
遠くても、近くても、困った時、いつでも相談できる「頼れる家具屋」
お客さまに寄り添って、快適な暮らしのお手伝いができる家具屋でありたいと考えています。
一昔前に比べて、家具は安くなりました。
とってもお手頃で買えるようになったのはいいのですが、
早く壊れてしまう家具が増えたのも事実です。
健康を害する家具が増えたのも事実です。
使っていて、心地よい家具。
売るために作られた、形だけの家具。
お客さまにとっての「Comfortable」を考えた時に、ビッグモリーズは
もっと家具のことを発信していかなければ…と思ったのが、
今回のブログ再開へと至った理由です。
家具屋を長く続けていると、お客さまのお宅から持ち帰った、使用済みの家具を多く目にします。
実は、その使用済み家具こそ、家具を知るためのとても大事な教材なのです。
どこを見れば、長く、心地よく使える家具だと判断できるか。
逆に、買ってはいけない家具とはどんな家具なのか。
お伝えしていければと考えています。
ビッグモリーズでは、スタッフ向けに勉強会を開いています。
使用済みの家具から、どんなことを学べるか。
どんなところを気をつけて、店長が仕入れをしているのか。
それを動画にしています。
ちょっぴり、覗いてみませんか?
▼Youtube
 家具のウラ 第1回 ダイニングチェアの裏側(前編)
 
 今回は、ダイニングチェアの裏側です。
 
 これは、お客さまからの修理の持ち込みにより、「こんなところにこんな材料が使われてたのか!」と気づいた一例です。
そういう家具は、残念ながら、どんどん増えています。
 安くても、結局は短期間しか使えない。
買うときにちょっと高くても、長く使えれば、結果、安くつく。
ゴミは増えない。環境にもいい。
家具についてのお話を、少しづつしていきますね。
お読みくださり、ありがとうございます。

電波時計

 家具と雑貨Bigmories 大森陽子です。

東日本大震災からこっち、電波時計が合わない…と言う問い合わせをよくいただきます。

自分自身、電波時計=正確 と思っていたので、なぜ??というところから調べてみました。  
日本では福島県のおおたかどや山標準電波送信所と佐賀県のはがね山標準電波送信所の2カ所から電波送信をしていますが、東日本大震災後、福島県のおおたかどや山標準送信所が停波しました。後に送信を開始したのですが、4月25日に落雷があり、また停波しました。福島第一原子力発電所の20km圏内なので、今のところ、復旧のめどがたっていません。

そのため、東日本の多くの地区で電波時計が合わない・・・と言うことが起きているようです。
 
お客様からのお問い合わせが多いために、メーカーさんや時計屋さんに色々お話を聞いた結果、いろんなことがわかりました。  

電波時計はどこでも電波を受信するわけではないこと。
  窓から離れた建物の中やノイズの多い場所では信号を受信できないことがあります。特に鉄筋コンクリート構造、鉄筋構造の建物の内部では受信がしにくいそうです。 工場などが近くにある場合に電波が受信しにくい・・・と言う場合もあります。 また、ロシア、中国などから発せられる電波を拾ってしまうこともあるそうです。  

電波時計は電磁波で狂う?
 家の中でも、テレビや携帯電話などの電磁波により、誤作動を起こすこともあるようです。  

電波が停波すると電波時計として機能しない。
 全く電波が拾えない場合は、クォーツで動きますが、電波を拾うと、電波時計として機能します。きちんと拾えない場合は、何度も電波を受信しようとする動きをする場合があります。また、違う電波を拾って、誤作動をすることもあるようです。

 つまり、今まで持っていた 『電波時計は正確』 と言う常識が覆されるわけですね。
 時計屋さんの話では、電波時計より、普通のクォーツの時計の方が、故障率も低く、時間も正確・・・と言うことでした。 しかし、今は電波時計が数多く流通し、今までのクォーツ時計がかなり少なくなっているようです。

 中国製のムーブメントが多いので、狂うのかなぁ?国産はないのかなぁ?・・・と言うことで聞いてみましたが、日本組立・・・と言うのはあっても、どこからどこを日本で作っているのかわからない。中国製品がほとんどじゃないかな?と言うことでした。

 何でもそうですが、シンプルが一番!!って感じがします。 おしゃれな電波時計が良く売れていますが、福島の電波送信所が復活するまでは、ちょっと待った方がいいかもしれません。 特に当社で電波時計をお買い求めいただいた東日本の方、時間が合わない等の問題がありましたら、ご連絡下さい。 よろしくお願いいたします。


 それとね、色々調べてみて思ったのですが、日本製のムーブメント、作って欲しいですね。
ぜひ。。

 そう思うのは私だけでしょうか?

パーチクルボードの引出

引出修理1

さあ、またまた修理品が入ってきました。

昨年、当社でお買い上げいただいた学習机の引出しです。
バラバラ・・・

しかも1杯だけではありませんよ。

引出修理2 

原因?!っ言うか・・・・素材の問題。
もちろん、使っていた子供さんにもよるでしょうが、価格優先でコストダウンをされたこの引き出しのパーツ。
2本のビス止めなのですが、レール付きの引き出しは開閉の繰り返しでとうとう割れてしまったようです。

これは向こう板(引き出しの一番奥側)ですが、肉厚の薄いパーツをボンドを使用せずビスのみで組立してありました。

修理は一度全てをばらし、底板と側板の溝に全てボンドを入れ組み立てなおします。
もちろんこの画像の割れた部分は、前もってそこにボンドを入れて接着しなおすという2段階3段階の手間をかけます。

比較的安価な商品でここ数年、何台か売れてますがはじめてのケースです。


今回、お客様には無償修理で承っています。

同じところは2度と壊れないように直してますよ。


価格と品質のバランスは・・・・課題とさせていただきます。

パイン材の節

またまた良い事例の出来事がありました?!

5年ほど前にお買い求めいただいたベッドのサイドフレームが戻ってきました。
子供さんが使っていたものです。

大きくなった事もあるでしょうが、ちょうどフレームの真ん中辺りが折れてしまいました。
画像を見てお分かりいただけると思いますが、原因は「節」なんですね。それと材料の大きさ、もう少し厚みも幅も取るべきものでしょう

ベトナムからの輸入品で、すでに廃盤。取り扱いメーカーには部品すら残っていませんでした
ビッグモリーズで作るしかありません。


節割れ

サイドフレーム1サイドフレームにちょうど良さそうなパイン材を見つけ、同じ大きさにカット。
(こちらは節の少ないパイン材です。)

金具を移設するために溝を掘り、穴を開けます。
サイドフレーム2もともとついていた金具を取り付けます。

わが社では祖父の代から家具を製造していたので、古いですが特殊なサイズの道具が割とそろっており、修理などには重宝するんです。

(ただし、私は見よう見真似程度の腕前ですが・・・。)

例えば、このノミもわずかに入りきらないプレート金具が入る3ミリ未満の溝を彫れるのです。









さて、取り外しておいた手すり部分を取り付けます。サイドフレーム3


サイドフレー4さらに床板を載せる桟を取り付けて出来上がり。

ちょっとばかり色目が濃かったのはご愛嬌 

着色塗料は出来るだけ近いものにさせていただきました。

翌日、お客様には最低限の費用をご負担いただき、取り付けに行かせていただきました。

修理をしていつも思うのは、低価格を追い続け、結果的にこのような商品を作り出してしまう事が良いことなのか?ということです。

無駄な費用・資源・労力、ゴミの増加・・・ 

今、景気が悪くて働ける人が大勢働けずにいます。 
限られた予算の中から買い物をするので、できるだけ安いものを求めます。
売る側は安くて良いものを、と安く生産できる国からどんどん輸入して売ります。

ありとあらゆるものがそうなっています。

何故、仕事がないのか?安くて良いものが本当にあるのか?



先日、ニュースでミネラルウォーターの販売を禁止したオーストラリアの町がありました。
ペットボトルを作るのも、輸送するのも、ゴミの処分をするのも全て資源の無駄だから、水道水を飲もう、というものです。

ちょっと納得できませんか?

うちは家具屋だから、輸入される家具を見て触って、売らせてもらって納得できないものがあります。
日本のメーカーがあるのに何故??って。
あるTV番組で輸入製品の増加についてある政治家が「国際分業」と言ってました。

国際分業(yahoo百科事典より引用させていただきました)
各国が所有する生産上の適性を生かし、もっとも適合した商品の生産に専門化(国際的特化という)すること。この国際分業の結果として商品の国際的交換(貿易)が発生する。分業には、アダム・スミスが指摘したように、作業を分割するもの(技術的分業)と職業を分化するもの(社会的分業)とがあり、ともに生産能率を増進させる最大の原因となるものである。国際分業は後者の意味の分業であり、各国が生産上の適性に応じて生産分野を分担しあうことである。

このままでは良いと思わないのですが。


輸入品の全てが悪いわけではありません。
日本から行った人がこんなものを作ってくれと言って作ってもらってるんだから。

でも、ビッグモリーズは日本製のものを売りたいです。
がんばれ!日本のメーカーさん。

学習椅子の結末

皆さんお久しぶりです。

半年以上のブランクがありました 
またがんばってアップしていきますので宜しくお願いいたしますね。

さて、今日は家具のチェックポイントについて久しぶりに書きます。ちょうどいいサンプルが入手?出来たので・・・

この学習椅子、よく学習机とセットで販売されるものです。
「当社で買った」と、お客様が(少しご立腹で?)持ち込まれたのです。
が、購買履歴を調べた結果、当社で販売したものではございませんでした。
(もっとも見たことのない商品だったのですが・・・)


「床に傷がついてしまった。」とおっしゃるので見てみると・・・
ガスシリンダーが床についてしまうまで抜けているではありませんか
こりゃひどい。

しかも足載せリングが上下反対に組みつけてあるし。上下がわからないのは経験者が組み立てていない証拠です。お客様は配送時にすでに組立済みだったと言われてました。

学習イス不良1 

学習イス不良2


学習イス不良3何故こんなになってしまったのか。

わが社で取り扱っている椅子の脚には金属部品が埋め込んであります。まあ常識的に考えると判りそうなものですが。(画像で銀色に見える部分です。)

もう5年以上前から台湾製のメーカーさんを販売させていただいておりますが、一度もクレームがありません。(運送中の落下などによる傷は除きますが。)

中国製のメーカーさんは一般的に電力需要に供給が追いつかず、工場の停電による成型品の不良が当時から指摘されていましたからね。今では改善されている事と思いますがね。
お客様に「もっと安いものがあるだろう、高い。」と言われた事もあります、が今になってよかったと思えます。こちらのお客様の床は傷だらけになってしまってるのですから・・・。

安さと品質・・・・・永遠の課題です。

売る側が十分に選定した想いがある商品の提供を心がけたいですね。

今後とも宜しくお願いします。



粗悪品?

マットレスの品質表示ラベルです。
あるお客様にベッドのシングルマットレスを買い替えていただきました。以前のものは気に入って買われたらしいのですが、腰が痛くなってずいぶん前から使ってないとのことでした。でもあまり長い期間使用したわけではありません。で、予算もあり当社のハイカウントタイプをお勧めしました。
中国製ですが2.2mm線径、コイル数374個、硬鋼線B種、カーボン比率67。つまり固めで丈夫?と言ったところでしょうか。一方引き取ったものは無○良品さん物でマレーシア製、コイル数207個(だったかな?)ラベルは捨てようとしてクシャクシャにしてしまい、よくわからなくなりました(^^ゞポリポリ。
そりゃーあのマットじゃ2〜3年がいいところでしょう。結構なお値段だったのに、もったいないもの作っちゃいけませんねー。お客さんにとっても地球のこと考えても、色んなものが無駄ですね。
マットレスは品質表示ラベルに注意しましょう。必ず表示がありますのでお確かめの上、ご購入くださいね。

学習机を選ぼう!掘|編

 今日は棚について・・・です。
DK-105H デスクKIDSデスク(RD)
ハイタイプを選ぶか、ロータイプを選ぶか・・・は決まっているでしょうか?
棚にも最近は特徴があるのですよ。。

 例えば、クロガネさんは・・・
こんな風に棚の引出しの場所を変える事ができます。
子どもの頃に、この棚がこっちにあったらなぁ・・・とか、この引出しがこっちにあったらなぁ・・・とか思いませんでしたか?
 実は、私はそう思うことがありました。。
だから、こういう考え方は賛成なのですね〜♪

奥本さんの去年のタイプは・・・
こんな感じなんですけど、今年はこの棚の部分が引出しになっているので、反対にできてもあんまり意味がないような・・・。

 でも今年の棚の一押しはイトーキさんです!!
棚が自由自在にレイアウトできます。
しかも収納を考えられて作られているので、収納力も抜群!
この収納力は他社の棚にはありません!!


 狭い部屋なら特に、収納スペースは考えたいもの。。
メーカー品ですので、お値段はノンブランド品より少しお高いですが、毎年、この新しいアイデアを考えつくイトーキさんは、いつもいつも感心させられます。。

 たぶん、WEB上で見るより、現物を見た方が、一目瞭然!!
ぜひ、お店でご自分の目でお確かめ下さいm(__)m

学習机を選ぼう供〜悩

学習机を決める重要なポイントが素材です。

メラミン素材・・・見た目は安っぽく見えるが、傷、熱に強い素材です。

ラバーウッド突板・・・木目を綺麗に見せるために、芯材にラバーウッドの突き板を貼っています。
パイン集成材・・・カントリーの雰囲気があって、特にお母さん方に人気の材質です。
       やわらかく、傷がつきやすく、狂いも出やすい。
       日焼けによって黄化しやすい。


イトーキさんのカタログに、とってもわかりやすい説明がありました。
ラバーウッド集成材ゴムの樹液をとった後の木です。比較的硬く、狂いも少ない材料です。
ナラ突き板ナラの綺麗な木目部分を薄くスライスし、芯材に貼り付けたものです。
ナラ集成材ナラ材を使用し、同じ繊維方向に接着した板です。ゆがみがすくなく丈夫なため、家具によく使われています。
ナラハギナラ材を側面ではぎあわせた板です。反りや乾燥による狂いが少なく、家具に最適な材料とされています。


他にプリント化粧板、MDFにダイレクト印刷、また天然木ではニレ、タモ、アルダーなど、素材そのものが天板などに適した比較的硬くて美しいものもあります。
当社のお勧めはやはり天然木のもの。
以前、他社さんの販売されたMDFに貼った天板がはがれて、困ったお客様に相談をされたことがありました。当社から直接メーカーさんに連絡をとり、無事交換いたしました。
安さと品質を両立するのは大変ですが、ビッグモリーズでは店長自身が見て触って調査して、納得ができるバランスの取れた商品を展示しています。

学習机を選ぼう靴